(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

ミュラーリヤー錯視における結果の記述について

  • camelia
  • 2018/12/17 (Mon) 01:19:59
 浅野先生。いつもお世話になっております。
 ミュラーリヤー錯視における結果の記述について,添削をお願いしたいです。

結果
 Muller-Lyer錯視課題の錯視量に関して,呈示条件(上昇系列, 下降系列)と錯視図の種類(挟角15°鋏辺30mm,挟角30° 鋏辺30mm,挟角60°鋏辺30mm,挟角30°鋏辺 15mm,挟角30°鋏辺35mm,挟角30°鋏辺45mm)ごとに平均錯視量を算出した。そして,平均錯視量について上昇系列における各錯視図の種類を比較したグラフを図1に。平均錯視量について下降系列における各錯視図の種類を比較したグラフを図2に示した。

平均錯視量に関して,呈示条件(上昇系列, 下降系列:参加者内),錯視図の種類(挟角15°鋏辺30mm,挟角30° 鋏辺30mm,挟角60°鋏辺30mm,挟角30°鋏辺 15mm,挟角30°鋏辺35mm,挟角30°鋏辺45mm:参加者内)を要因とした,対応のある2要因の分散分析を行った。実験に参加した32名のうち,平均錯視量±標準偏差×2の値から外れた錯視量を示した5名は分析から除外した。なお,以下に示した検定の有意水準は,全て.05とした。
その結果,呈示条件の主効果が有意であり(F(1, 26)=26.36, p<.01),上昇系列の方が下降系列よりも平均錯視量が有意に多かった。
錯視図の種類の主効果も有意であった(F(5, 130)=15.19, p<.01)。そのため,Ryan法による多重比較を行ったところ,挟角15°鋏辺30mmは挟角30° 鋏辺30mm,挟角60°鋏辺30mm,挟角30°鋏辺 15mm,挟角30°鋏辺35mmよりも平均錯視量が有意に少なかった。挟角30°鋏辺45mmは挟角30° 鋏辺30mm,挟角30°鋏辺 15mmより平均錯視量が有意に少なかった。挟角60°鋏辺30mmは挟角30°鋏辺 15mm,挟角30°鋏辺45mmよりも平均錯視量が有意に少なかった。
 なお,呈示条件と錯視図の種類の交互作用は有意でなかった(F(5, 130)=0.92, p=.47)。

-------------------------------------------------
  《 分散分析:ANOVA4 》

      ANOVA4 on the Web: Copyright(c) 2002 Kiriki Kenshi

【ファイル】 NOFILE

【分析日時】 2018 Dec 13, 09:51:28    

【コメント】                                                                 
                                                                           

【要因計画】 2要因計画

  要因A(被験者内):上昇 下降           / 水準数=2
  要因B(被験者内):刺激図形の種類       / 水準数=6

【各セルの被験者数】 《等しい》

  被験者数=27

【平均および標準偏差】

    CELL[ A1 B1 ] :  mean= -15.691  /  SD=   8.145  /  n=  27
    CELL[ A1 B2 ] :  mean= -22.525  /  SD=   8.566  /  n=  27
    CELL[ A1 B3 ] :  mean= -21.424  /  SD=  10.339  /  n=  27
    CELL[ A1 B4 ] :  mean= -21.524  /  SD=   8.966  /  n=  27
    CELL[ A1 B5 ] :  mean= -23.059  /  SD=   9.398  /  n=  27
    CELL[ A1 B6 ] :  mean= -17.736  /  SD=   7.277  /  n=  27
    CELL[ A2 B1 ] :  mean= -13.097  /  SD=   7.287  /  n=  27
    CELL[ A2 B2 ] :  mean= -18.703  /  SD=   8.263  /  n=  27
    CELL[ A2 B3 ] :  mean= -18.919  /  SD=   9.040  /  n=  27
    CELL[ A2 B4 ] :  mean= -18.945  /  SD=   8.537  /  n=  27
    CELL[ A2 B5 ] :  mean= -20.243  /  SD=   9.404  /  n=  27
    CELL[ A2 B6 ] :  mean= -15.513  /  SD=   7.289  /  n=  27



【分散分析】

                  Table of Analysis of Variance
------------------------------------------------------------------------------
      source              SS          df         MS           F       p
------------------------------------------------------------------------------
 subject             19081.8119353    26      733.9158437 
 A:上昇 下降          615.5498825     1      615.5498825  26.359  0.0000 ****
 error[AS]             607.1553112    26       23.3521274 
 B:刺激図形の種類     2125.8652929     5      425.1730586  15.193  0.0000 ****
 error[BS]            3637.9382590   130       27.9841405 
 AB                     20.8642354     5        4.1728471   0.920  0.4704     
 error[ABS]            589.7787620   130        4.5367597 
------------------------------------------------------------------------------
  Total              26678.9636784   323
------------------------------------------------------------------------------
                      + p<.10, * p<.05, ** p<.01, *** p<.005, **** p<.001

※※※ 以下の下位検定はすべて有意水準 p=0.050000 で実行します ※※※


《 要因 B の主効果における多重比較 》 ( Ryan's method )

<<  means on Factor B >>

             1         2         3         4         5         6    
  mean : -14.394   -20.614   -20.171   -20.234   -21.651   -16.625  
    n  :      54        54        54        54        54        54  

--------------------------------------------------------------
   pair     r    nominal level      t          p        sig.
--------------------------------------------------------------
  1 - 5     6      0.0033333      7.128    0.0000000     s. 
  1 - 2     5      0.0041667      6.110    0.0000000     s. 
  6 - 5     5      0.0041667      4.937    0.0000024     s. 
  1 - 4     4      0.0055556      5.737    0.0000001     s. 
  6 - 2     4      0.0055556      3.919    0.0001432     s. 
  3 - 5     4      0.0055556      1.453    0.1485787    n.s.
  6 - 4     3      0.0083333      3.546    0.0005449     s. 
  1 - 3     3      0.0083333      5.675    0.0000001     s. 
  3 - 2     3      0.0083333      0.435    0.6642083    n.s.
  4 - 5     3      0.0083333      1.391    0.1665779    n.s.
  6 - 3     2      0.0166667      3.484    0.0006745     s. 
  3 - 4     2      0.0166667      0.062    0.9505636    n.s.
  1 - 6     2      0.0166667      2.191    0.0302354    n.s.
  4 - 2     2      0.0166667      0.373    0.7097667    n.s.
  2 - 5     2      0.0166667      1.018    0.3105247    n.s.
--------------------------------------------------------------
     MSe=27.984140,  df=130,  significance level=0.050000


【単純効果の検定】

anova ended.

http://www.hju.ac.jp/~kiriki/anova4/

お忙しいところすみません。
どうぞよろしくお願いします。

外れ値の除き方について

  • 匿名
  • 2018/12/16 (Sun) 17:55:34
ミュラーリヤーの分析で平均値-2×標準偏差から外れた値を持っている参加者5名のデータを除きたいのですが,外れ値のデータだけを除いた場合,比較対象となる水準の人数が異なってしまうのでそのような参加者が持っているデータは全て除いて分析をしてもいいのでしょうか。

2017/01/09 (Mon) 14:44:49
にある浅野先生の回答②を参考にしようと思ったのですが,今回の事情とは少し違うと感じたので質問させていただきました。

Re: 外れ値の除き方について

  • 浅野
  • 2018/12/16 (Sun) 23:45:34
 【平均値±標準偏差×2】を外れ値の基準としてデータを除外するのであれば,当該参加者のデータ(上昇系列,及び,下降系列)を全て除外するのが一般的だと考えられます。

Re: 外れ値の除き方について

  • 匿名
  • 2018/12/17 (Mon) 00:32:41
ご回答ありがとうございます。
質問の1文目ですが。「平均値±2×標準偏差」でした。誤字失礼しました。

単位がやばいです

  • 田中理智
  • 2018/12/13 (Thu) 15:41:54
ミュラーリヤー錯視のプレゼンについて
タイトルと仮説の添削をお願いします。

タイトル
Muller-Lyer錯視における呈示方法と錯視図の種類が錯視量に与える影響

仮説
錯視図の提示方法によって錯視量に差が出る

錯視図の鋏角と鋏辺の大きさによって錯視量に差が出る

お願いします。

Re: 単位がやばいです

  • 浅野
  • 2018/12/14 (Fri) 00:54:40
 特に減点になるようなタイトルや仮説ではありませんが,“差が出る”よりは「差がある」とした方が一般的です。
 なお,現在設定されている仮説は方向性がない探索的な仮説ですが,方向性のある仮説(~条件の方が...条件よりも錯視量が小さくなる)を設定するならば,先行研究の引用など,何らかの根拠を問題内で示しましょう。

Re: Re: 単位がやばいです

  • 田中理智
  • 2018/12/14 (Fri) 11:34:30
お忙しい中返信ありがとうございました。

両側性転移レポート 結果の添削

  • orange
  • 2018/12/13 (Thu) 23:22:21
こんばんは。
いつも大変お世話になっております。
両側性転移のレポートの結果について,添削をよろしくお願いいたします。

結果
今回の実験はまず2人から3人のグループを作り,群分け試行を1人2回ずつ行った。その結果から全体を均等になるように3分割にした。1群が利き手群・2群が非利き手群・3群が休憩群として分かれた。分かれた群でそれぞれが訓練試行を実施したのち全員で本番試行に移った。本番試行は全員が利き手で実施した。
 対応のない1要因被験者間分散分析を行った。その結果,平均所要時間における群の種類の効果が有意だった(F(2,27)=8.52,p<.005)。効果が有意であったため,Ryan法による多重比較を行った。その結果,第3群の平均所要時間が第1群と第2群よりも有意に遅かった。また,第1群と第2群に有意差はなかった。
13〜15試行の平均所要時間について,3つの群を比較したものを図1で示した。

 次に平均逸脱回数について対応のない1要因被験者間分散分析を行った。その結果,訓練方法の主効果は有意でなかった (F(2,27)=1.50,p=<.05)。
13〜15試行の平均逸脱回数について,3つの群を比較したものを図2で示した。

 次に,第2~15試行の平均所要時間について,3つの群を比較したグラフを図3に,第2~15試行の平均逸脱回数について,3つの群を比較したグラフを図4に示した。

Re: 両側性転移レポート 結果の添削

  • 浅野
  • 2018/12/14 (Fri) 00:36:56
★以下の文章は結果に記載すべきことではなく,(“全体を均等になるように”の意味を明らかにした上で)方法で記載すべきことです。これらに代わり,訓練方法を要因として分析を行ったことを記載すればOKです。
------------------------
今回の実験はまず2人から3人のグループを作り,群分け試行を1人2回ずつ行った。その結果から全体を均等になるように3分割にした。1群が利き手群・2群が非利き手群・3群が休憩群として分かれた。分かれた群でそれぞれが訓練試行を実施したのち全員で本番試行に移った。本番試行は全員が利き手で実施した。
------------------------

★要因名が“群の種類”や“訓練方法”といったブレがあります。統一しましょう。

★有意水準を5%に設定していることも明示した方が良いでしょう。

★“p=<.05”とありますが,p値が.05よりも下なのであれば,=は必要ありません。

Re: 両側性転移レポート 結果の添削

  • orange
  • 2018/12/14 (Fri) 10:17:27
添削ありがとうございます。
お忙しいところ恐れ入りますが,訂正をしたので,再度確認の方をよろしくお願いいたします。

 今回の実験では,鏡映描写課題の成績(所要時間)に対して,訓練方法(利き手群,非利き手群,訓練なし)を要因とした対応のない1要因被験者間分散分析を行った。その結果,平均所要時間における訓練方法の効果が有意だった(F(2,27)=8.52,p<.005)。効果が有意であったため,Ryan法による多重比較を行った。その結果,訓練なし群の平均所要時間が利き手群と非利き手群よりも有意に遅かった(p<.05)。また,利き手群と非利き手群に有意差はなかった。
13〜15試行の平均所要時間について,3つの群を比較したものを図1で示した。
次に平均逸脱回数について対応のない1要因被験者間分散分析を行った。その結果,訓練方法の主効果は有意でなかった (F(2,27)=1.50,p<.05)。
13〜15試行の平均逸脱回数について,3つの群を比較したものを図2で示した。

両側性転移の結果の添削

  • 単位がほしい……
  • 2018/12/13 (Thu) 01:34:34
度々失礼いたします。両側性転移の結果の添削をおねがいいたします。 

  
 鏡映描写課題について、各群の第13試行から第15試行の平均所要時間と標準偏差を表1にまとめた。
 各群の第13試行から第15試行の平均所要時間について、訓練方法(利き手群、非利き手群、訓練なし群)を要因とした対応のない1要因分散分析を行った。その結果、訓練方法の効果が有意であった(F(2,27)=8.52,p<.05)。そのため、Ryan法による多重比較を行った。その結果、訓練なし群は利き手群よりも所要時間が有意に長かった(p<.05)。また、訓練なし群と非利き手群の間に有意傾向が見られ、訓練なし群は非利き手群よりも所要時間が長かった。さらに非利き手群と利き手群の間に有意傾向が見られ、非利き手群は利き手群よりも所要時間が長かった。
 次に、鏡映描写課題について、各群の第13試行から第15試行の平均逸脱回数と標準偏差を表2にまとめた。
 各群の第13試行から第15試行の平均逸脱回数について、訓練方法(利き手群、非利き手群、訓練なし群)を要因とした対応のない1要因分散分析を行った。その結果、訓練方法の効果が有意ではなかった(F(2,27)=1.50,p=.24)。


 《 分散分析:ANOVA4 》

      ANOVA4 on the Web: Copyright(c) 2002 Kiriki Kenshi 

【ファイル】 NOFILE

【分析日時】 2018 Dec 13, 01:10:46    

【コメント】                                                                 
                                                                           

【要因計画】 1要因計画

  要因A(被験者間):利き手/非利き手/訓練 / 水準数=3

【各セルの被験者数】 《等しい》

[A1]=10     [A2]=10     [A3]=10     

【平均および標準偏差】

    CELL[ A1 ] :  mean=  35.967  /  SD=   7.705  /  n=  10
    CELL[ A2 ] :  mean=  58.433  /  SD=  13.592  /  n=  10
    CELL[ A3 ] :  mean=  84.533  /  SD=  40.359  /  n=  10



【分散分析】

                  Table of Analysis of Variance
------------------------------------------------------------------------------
      source              SS          df         MS           F       p
------------------------------------------------------------------------------
 A:利き手/非利き�    11815.6076390     2     5907.8038195   8.517  0.0014 *** 
 error[WC]           18729.2655507    27      693.6765019 
------------------------------------------------------------------------------
  Total              30544.8731898    29
------------------------------------------------------------------------------
                      + p<.10, * p<.05, ** p<.01, *** p<.005, **** p<.001

※※※ 以下の下位検定はすべて有意水準 p=0.050000 で実行します ※※※


《 要因 A の主効果における多重比較 》 ( Ryan's method )

<< means on Factor A >>

             1         2         3    
  mean :  35.967    58.433    84.533  
    n  :      10        10        10  

--------------------------------------------------------------
   pair     r    nominal level      t          p        sig.
--------------------------------------------------------------
  3 - 1     3      0.0166667      4.123    0.0003192     s. 
  3 - 2     2      0.0333333      2.216    0.0353176    n.s.
  2 - 1     2      0.0333333      1.907    0.0671572    n.s.
--------------------------------------------------------------
     MSe=693.676502,  df=27,  significance level=0.050000


anova ended.

http://www.hju.ac.jp/~kiriki/anova4/


《 分散分析:ANOVA4 》

      ANOVA4 on the Web: Copyright(c) 2002 Kiriki Kenshi 

【ファイル】 NOFILE

【分析日時】 2018 Dec 13, 01:13:28    

【コメント】                                                                 
                                                                           

【要因計画】 1要因計画

  要因A(被験者間):利き手/非利き手/訓練 / 水準数=3

【各セルの被験者数】 《等しい》

[A1]=10     [A2]=10     [A3]=10     

【平均および標準偏差】

    CELL[ A1 ] :  mean=   3.533  /  SD=   1.343  /  n=  10
    CELL[ A2 ] :  mean=   6.233  /  SD=   3.859  /  n=  10
    CELL[ A3 ] :  mean=   5.467  /  SD=   4.256  /  n=  10



【分散分析】

                  Table of Analysis of Variance
------------------------------------------------------------------------------
      source              SS          df         MS           F       p
------------------------------------------------------------------------------
 A:利き手/非利き�       38.7185185     2       19.3592593   1.502  0.2408     
 error[WC]             348.1000222    27       12.8925934 
------------------------------------------------------------------------------
  Total                386.8185408    29
------------------------------------------------------------------------------
                      + p<.10, * p<.05, ** p<.01, *** p<.005, **** p<.001

※※※ 以下の下位検定はすべて有意水準 p=0.050000 で実行します ※※※


anova ended.

http://www.hju.ac.jp/~kiriki/anova4/

Re: 両側性転移の結果の添削

  • 浅野
  • 2018/12/13 (Thu) 10:59:44
 以下の箇所について,10%以下を有意傾向とみなしたことがわかるように,(p<.10)を文章内に挿入しましょう。
-------------------------
また、訓練なし群と非利き手群の間に有意傾向が見られ、訓練なし群は非利き手群よりも所要時間が長かった。
-------------------------
 
 以下の箇所については,多重比較の結果を参照すると,p値が10%より大きいことが読み取れます。有意傾向とみなすのは慣習的にも難しいと考えられます。有意傾向という考え方については,ページ上部の「ワード検索」において「有意傾向」といったキーワードで検索すると良いでしょう(特に以下の2件のQ&Aが役に立つと思います)。

● モルディギアン 2018/06/20 (Wed) 21:59:21
● モルディギアン 2018/06/22 (Fri) 14:44:40
-------------------------
さらに非利き手群と利き手群の間に有意傾向が見られ、非利き手群は利き手群よりも所要時間が長かった。
-------------------------
 
 なお,減点対象ではありませんが,表1に関して,所要時間のデータの単位が何であるかも記載できるとより良い表になると思います。

Re: 両側性転移の結果の添削

  • 単位がほしい……
  • 2018/12/13 (Thu) 23:06:24
返信ありがとうございます。
1つ疑問点があるのですが、
非利き手群と利き手群の間の多重比較でのp値は0.0671572だと思うのですが、これでは有意傾向になりませんか?
お忙しいところ恐縮ですが、ご返信よろしくお願いいたします。

Re: 両側性転移の結果の添削

  • 浅野
  • 2018/12/14 (Fri) 00:28:56
 ページ上部の「ワード検索」において「有意傾向」といったキーワードで検索し,以下に示した過去の投稿に必ず目を通してください。
--------------------------------------------------
● 浅野2018/06/21 (Thu) 13:03:00
--------------------------------------------------

Re: 両側性転移の結果の添削

  • 単位がほしい……
  • 2018/12/14 (Fri) 10:13:53
お手数おかけしました。
一読してわかったとおもいます。
ありがとうございました。

ミュラーリヤーのグラフについて

  • RTRT
  • 2018/12/14 (Fri) 00:12:10
 浅野先生。いつもお世話になっております。
 ミュラーリヤーのグラフを作ったのですが,問題ないか見ていただきたいです。
 お忙しいところすみません。よろしくお願いします。

Re: ミュラーリヤーのグラフについて

  • RTRT
  • 2018/12/14 (Fri) 00:13:11
図2です。

Re: ミュラーリヤーのグラフについて

  • 浅野
  • 2018/12/14 (Fri) 00:40:26
 さすがに...20cmも錯視量があったら凄すぎます(笑)単位はmmですね。

Re: ミュラーリヤーのグラフについて

  • RTRT
  • 2018/12/14 (Fri) 03:07:28
ご回答ありがとうございます。
単位の間違いですが、指摘されるまで気付きませんでした(汗)。
助かりました。

結果の添削

  • せん
  • 2018/12/12 (Wed) 23:10:28
両側性転移の結果の添削をお願いいたします。


結果
平均所要時間に関して、対応のない一要因分散分析を行った。その結果学習条件の主効果が有意であった(F(2,27)=8.517 p=.0014)。Ryan法による多重比較を行ったところ、訓練なし群は利き手群よりも所要時間が有意に長かった(p<.05)。訓練なし群は非利き手群より有意に所要時間が有意に長い傾向にあった(p<.10)。利き手群と非利き手群の間には有意差及び有意傾向が見られなかった(>.10)。
平均逸脱回数に関して、対応のない一要因分散分析を行った。その結果学習条件の主効果は有意でなかった(F(2,27)=1.50,p=.24)。

Re: 結果の添削

  • 浅野
  • 2018/12/13 (Thu) 11:02:52
 図に関して,データラベル(3.53, 6.23, 5.47)を記載することは避けましょう。減点対象になります。
 さらに,図1や図2に何を示したのかも文章で記述しましょう(例:~を図1に示した)。
 また,“主効果”とありますが間違いです。要因が1つの場合には「効果」としましょう。

Re: 結果の添削

  • せん
  • 2018/12/14 (Fri) 01:24:21
お忙しい中ありがとうございます。
無事提出できました。

平均逸脱回数に関する分析結果

  • モルディギアン
  • 2018/06/20 (Wed) 21:59:21

両側性転移の実験において,平均逸脱回数に関する,訓練条件(利き手,非利き手,訓練なし)を要因とした対応のない1要因分散分析を行ったのですが,以下のような結果,つまり訓練条件の主効果は有意だったにもかかわらず,多重比較を行うとどの群間も有意ではなかったという結果になってしまいました。この場合どのように解釈すればよろしいでしょうか。



               《 分散分析:ANOVA4 》

      ANOVA4 on the Web: Copyright(c) 2002 Kiriki Kenshi 

【ファイル】 NOFILE

【分析日時】 2018 Jun 20, 16:45:11    

【コメント】                                                                 
                                                                           

【要因計画】 1要因計画

  要因A(被験者間):1群/2群/3群          / 水準数=3

【各セルの被験者数】 《等しい》

[A1]=11     [A2]=11     [A3]=11     

【平均および標準偏差】

    CELL[ A1 ] :  mean=   2.788  /  SD=   1.217  /  n=  11
    CELL[ A2 ] :  mean=   5.515  /  SD=   3.552  /  n=  11
    CELL[ A3 ] :  mean=   5.364  /  SD=   2.584  /  n=  11



【分散分析】

                  Table of Analysis of Variance
------------------------------------------------------------------------------
      source              SS          df         MS           F       p
------------------------------------------------------------------------------
 A:1群/2群/3群          51.6835015     2       25.8417508   3.393  0.0469 *   
 error[WC]             228.4646471    30        7.6154882 
------------------------------------------------------------------------------
  Total                280.1481486    32
------------------------------------------------------------------------------
                      + p<.10, * p<.05, ** p<.01, *** p<.005, **** p<.001

※※※ 以下の下位検定はすべて有意水準 p=0.050000 で実行します ※※※


《 要因 A の主効果における多重比較 》 ( Ryan's method )

<< means on Factor A >>

             1         2         3    
  mean :   2.788     5.515     5.364  
    n  :      11        11        11  

--------------------------------------------------------------
   pair     r    nominal level      t          p        sig.
--------------------------------------------------------------
  2 - 1     3      0.0166667      2.318    0.0274701    n.s.
  2 - 3     2      0.0333333      0.129    0.8984051    n.s.
  3 - 1     2      0.0333333      2.189    0.0365179    n.s.
--------------------------------------------------------------
     MSe=7.615488,  df=30,  significance level=0.050000



Re: 平均逸脱回数に関する分析結果

  • 浅野
  • 2018/06/21 (Thu) 13:03:00
 えっと...めっちゃ長くなります(笑)結論は先に示しておきましたけど,きちんと全部読んでくださいね。


【結論】
 苦肉の策だけど,1群と2群,及び,1群と3群の平均値差を「有意傾向」とみなして,「有意差」があった箇所とは区別して,控えめに考察を行うといった方法が考えられます。


【何故,検定結果に“食い違い”が生じるのか】

 「主効果が有意になったのにもかかわらず,多重比較ではいずれの条件間でも有意差が認められなかった」という結論になりますが,多重比較において,第2種のエラーが生じている可能性が高いのではないかと考えられます。

 統計の復習になりますが,検定には2種類のエラーがありました(以下の【復習】参照)。
 今回,主効果を検討する際には,1群と2群と3群の全員分のデータを使用して分析をしていたのに対し,多重比較においてはいずれか2群間の比較をするわけです。
 多重比較で群間比較を行う際の,サンプルサイズが比較的小さいため,「主効果が有意になったのにもかかわらず,多重比較ではいずれの条件間でも有意差が認められなかった」という結論になってしまった(多重比較において,第2種のエラーが生じてしまった)のではないかと考えられるわけです。


【復習:検定における2種類のエラー】

★ 第1種のエラー
 母平均には差がないのに(“真実としては”差がないのに),標本平均では有意差が得られてしまったため,母平均には差があると判断してしまう誤り

★ 第2種のエラー
 母平均には差があるのに(“真実としては”差があるのに),標本平均では有意差が得られなかったため,母平均には差がないと判断してしまう誤り

★ 第2種のエラーが生じやすくなる条件
(a)サンプルサイズが小さい
(b)母分散(母標準偏差)が大きい
(c)比較する真の母数(例えば,母平均)の差が小さい

 
【ANOVA4における多重比較の出力結果の見方】


《 要因 A の主効果における多重比較 》 ( Ryan's method )

<< means on Factor A >>

1 2 3
mean : 2.788 5.515 5.364
n : 11 11 11

--------------------------------------------------------------
pair r nominal level t p sig.
--------------------------------------------------------------
2 - 1 3 0.0166667 2.318 0.0274701 n.s.
2 - 3 2 0.0333333 0.129 0.8984051 n.s.
3 - 1 2 0.0333333 2.189 0.0365179 n.s.
--------------------------------------------------------------
MSe=7.615488, df=30, significance level=0.050000

★ “significance level=0.05”である場合,“p”に示された数値が,“nominal level”に示された数値以下であれば,その差は「p<.05」となり「有意」とみなされます(正確なp値は計算しない限り不明です)。

★ “significance level=0.05”である場合,“p”に示された数値が,“nominal level”に示された数値の2倍以下であれば,その差は「p<.10」となり(有意傾向という考え方を許容するならば)「有意傾向」とみなされます(正確なp値は計算しない限り不明です)。

★ 結果の記述の仕方は以下の通りですが,「有意傾向」とは何かは,以降で詳しく説明をします。
--------------------
 Ryan法による多重比較を行ったところ,1群における平均逸脱回数の方が,2群と3群の平均逸脱回数よりも,有意に少ない傾向があった(いずれも,p<.10)。2群と3群の間における平均逸脱回数においては,有意差及び有意傾向は認められなかった(p>.10)。
--------------------


【有意傾向という考え方】
(※大久保・岡田(2012)の一部を引用して&参考にして回答しています)

 検定は,有意水準(例えば,α=.05)に基づき,p<.049であれば有意であり,p<.051であれば有意でない(全く無意味)といった,極端な二分法によって客観的な判断を行うのが本質です。
 しかしながら,p<.049とp<.051との間に,本質的な差があるかというと...実際には無さそうですよね。
 ...という考え方に基づき,習慣的にp<.10の場合を「有意傾向」と表現し,検討対象の平均値の差などに対して考察を行う考え方が(許容される場合が)あります。


【有意傾向といった考え方を取り入れた場合の注意点】

★ 注意点1
 p<.05で「有意」と認められた箇所と,p<.10で「有意傾向」とみなされた箇所とは区別して考察を行いましょう。
 前者は,今回のデータに基づいた検定によって明確に差が示された箇所です。一方,後者は,今回のデータに基づいた検定によって明確に差が示されたわけではなく,差が示唆されただけです。そのため,有意傾向に基づいて考察をする場合には,有意差が示された箇所と区別して,より控えめな表現で考察をすべきだということです。

★ 注意点2
 その研究内において,有意傾向という考え方を認めるのであれば,p<.10となった箇所全てについて,有意傾向として(差が示唆されたこととして)扱うべきです。
 一方,その研究内において,有意傾向という考え方を認めないのであれば,p<.10となった箇所全てについて,有意差が無かったとして(差が示されなかったこととして)扱うべきです。そもそも有意傾向という考え方を認めていないので,有意傾向の有無を報告する必要性もありません。
 つまり,同じ研究内で,「●●についてはp<.10だから有意傾向として扱うけど,■■についてはp<.10だけど有意傾向とはみなさない」などと恣意的に判断するのは,完全に許容範囲外だということです。

★ 注意点3
 元々の統計的仮説検定の考え方には,p<.10を「有意傾向」とみなすといったルールは存在しません。そのため,極力「有意傾向」という考え方を適用することは避けた方が良いのではないかと個人的には思っています。
 「主効果が有意になったのにもかかわらず,多重比較ではいずれの条件間でも有意差が認められなかった(ので,多重比較の結果については,第2種のエラーが生じていると推察できる)」といった,今回のような結果を解釈する際の苦肉の策,ぐらいに思っていた方が無難なのではないかと思います。


【引用・参考文献】

大久保街亜・岡田謙介(2012)伝えるための心理統計 勁草書房
 

Re: 平均逸脱回数に関する分析結果

  • モルディギアン
  • 2018/06/21 (Thu) 20:40:49
ご返信ありがとうございます。
いろいろ検討して考察してみます。

Re: 平均逸脱回数に関する分析結果

  • 浅野
  • 2018/12/14 (Fri) 00:49:13
★ageます

両側性転移のレポートについて

  • YUBIKIRI-GENMAN
  • 2018/12/12 (Wed) 22:08:00
 浅野先生こんばんは。いつも楽しく授業を聞かせていただいてます。
 両側性転移のレポートについてなのですが,結果の記述の部分がとても不安なので添削をお願いしたいです。
 また,図についても減点対象となる点がないか見ていただきたいです。

結果
 鏡映描写課題の所要時間と逸脱回数に関して,群ごとに第13試行から第15試行の平均所要時間と平均逸脱回数を算出した。そして,平均所要時間について各群を比較したグラフを図1に,平均逸脱回数について各群を比較したグラフを図2に示した。
 平均所要時間と平均逸脱回数に関して,訓練条件(利き手群,非利き手群,訓練なし群:参加者間)を要因とした,対応のない1要因分散分析を行った。なお,以下に示した検定の有意水準は,全て.05とした。
 その結果,平均所要時間については訓練条件の効果が有意であった(F(2,27)=8.52, p=.00)。 そのため,Ryan法による多重比較を行ったところ,利き手群は訓練なし群よりも平均所要時間が有意に短かった。また,非利き手群は訓練なし群よりも平均所要時間が有意に短い傾向があった(p<.10)。利き手群と非利き手群の間における訓練条件の効果は有意でなく,有意傾向も見られなかった(p>.10)。
平均逸脱回数については訓練条件の効果が有意でなかった(F(2, 27)=1.50, p=.24)。

-------------------------------------------------
[平均所要時間についての分析]
《 分散分析:ANOVA4 》

ANOVA4 on the Web: Copyright(c) 2002 Kiriki Kenshi

【ファイル】 NOFILE

【分析日時】 2018 Dec 12, 21:42:25

【コメント】


【要因計画】 1要因計画

  要因A(被験者間):利/非/なし / 水準数=3

【各セルの被験者数】 《等しい》

[A1]=10 [A2]=10 [A3]=10

【平均および標準偏差】

CELL[ A1 ] : mean= 35.967 / SD= 7.705 / n= 10
CELL[ A2 ] : mean= 58.433 / SD= 13.592 / n= 10
CELL[ A3 ] : mean= 84.533 / SD= 40.359 / n= 10



【分散分析】

Table of Analysis of Variance
------------------------------------------------------------------------------
source SS df MS F p
------------------------------------------------------------------------------
A:利/非/なし 11815.6076390 2 5907.8038195 8.517 0.0014 ***
error[WC] 18729.2655507 27 693.6765019
------------------------------------------------------------------------------
Total 30544.8731898 29
------------------------------------------------------------------------------
+ p<.10, * p<.05, ** p<.01, *** p<.005, **** p<.001

※※※ 以下の下位検定はすべて有意水準 p=0.050000 で実行します ※※※


《 要因 A の主効果における多重比較 》 ( Ryan's method )

<< means on Factor A >>

1 2 3
mean : 35.967 58.433 84.533
n : 10 10 10

--------------------------------------------------------------
pair r nominal level t p sig.
--------------------------------------------------------------
3 - 1 3 0.0166667 4.123 0.0003192 s.
3 - 2 2 0.0333333 2.216 0.0353176 n.s.
2 - 1 2 0.0333333 1.907 0.0671572 n.s.
--------------------------------------------------------------
MSe=693.676502, df=27, significance level=0.050000


anova ended.

http://www.hju.ac.jp/~kiriki/anova4/
《 分散分析:ANOVA4 》

ANOVA4 on the Web: Copyright(c) 2002 Kiriki Kenshi

【ファイル】 NOFILE

【分析日時】 2018 Dec 12, 15:51:27

【コメント】


【要因計画】 1要因計画

  要因A(被験者間):利/非/なし / 水準数=3

【各セルの被験者数】 《等しい》

[A1]=10 [A2]=10 [A3]=10

【平均および標準偏差】

CELL[ A1 ] : mean= 35.967 / SD= 7.705 / n= 10
CELL[ A2 ] : mean= 58.433 / SD= 13.592 / n= 10
CELL[ A3 ] : mean= 84.533 / SD= 40.359 / n= 10



【分散分析】

Table of Analysis of Variance
------------------------------------------------------------------------------
source SS df MS F p
------------------------------------------------------------------------------
A:利/非/なし 11815.6076390 2 5907.8038195 8.517 0.0014 ***
error[WC] 18729.2655507 27 693.6765019
------------------------------------------------------------------------------
Total 30544.8731898 29
------------------------------------------------------------------------------
+ p<.10, * p<.05, ** p<.01, *** p<.005, **** p<.001

※※※ 以下の下位検定はすべて有意水準 p=0.100000 で実行します ※※※


《 要因 A の主効果における多重比較 》 ( Ryan's method )

<< means on Factor A >>

1 2 3
mean : 35.967 58.433 84.533
n : 10 10 10

--------------------------------------------------------------
pair r nominal level t p sig.
--------------------------------------------------------------
3 - 1 3 0.0333333 4.123 0.0003192 s.
3 - 2 2 0.0666667 2.216 0.0353176 s.
2 - 1 2 0.0666667 1.907 0.0671572 n.s.
--------------------------------------------------------------
MSe=693.676502, df=27, significance level=0.100000


anova ended.

http://www.hju.ac.jp/~kiriki/anova4/
-------------------------------------------------
[平均逸脱回数についての分析]
《 分散分析:ANOVA4 》

ANOVA4 on the Web: Copyright(c) 2002 Kiriki Kenshi

【ファイル】 NOFILE

【分析日時】 2018 Dec 12, 16:17:05

【コメント】


【要因計画】 1要因計画

  要因A(被験者間):利/非/なし / 水準数=3

【各セルの被験者数】 《等しい》

[A1]=10 [A2]=10 [A3]=10

【平均および標準偏差】

CELL[ A1 ] : mean= 3.533 / SD= 1.343 / n= 10
CELL[ A2 ] : mean= 6.233 / SD= 3.859 / n= 10
CELL[ A3 ] : mean= 5.467 / SD= 4.256 / n= 10



【分散分析】

Table of Analysis of Variance
------------------------------------------------------------------------------
source SS df MS F p
------------------------------------------------------------------------------
A:利/非/なし 38.7185185 2 19.3592593 1.502 0.2408
error[WC] 348.1000222 27 12.8925934
------------------------------------------------------------------------------
Total 386.8185408 29
------------------------------------------------------------------------------
+ p<.10, * p<.05, ** p<.01, *** p<.005, **** p<.001

※※※ 以下の下位検定はすべて有意水準 p=0.050000 で実行します ※※※


anova ended.

http://www.hju.ac.jp/~kiriki/anova4/

お忙しいところ,すみません。
どうぞよろしくお願いします。

Re: 両側性転移のレポートについて

  • YUBIKIRI-GENMAN
  • 2018/12/12 (Wed) 22:09:22
図2です。

Re: 両側性転移のレポートについて

  • 浅野
  • 2018/12/13 (Thu) 10:11:12
 “p=.00”と記述してしまうと,p値がピッタリ0であるように見えてしまいますので,p<.01とした方が良いでしょう。
 なお,図1に記載している“*”と“†”は,慣習的によく利用されている記号ですが,それぞれ任意な記号ですので,図のタイトルの下に「* = p<.05」や「† = p<.10」などといった説明を加えるべきです。
 その他は特に問題ありません。

Re: 両側性転移のレポートについて

  • YUBIKIRI-GENMAN
  • 2018/12/13 (Thu) 23:03:34
返信が遅くなってすみません。
ご指導ありがとうございました。

両側性転移の仮説の記述方法について

  • 単位がほしい……
  • 2018/12/12 (Wed) 22:24:43
浅野先生
いつもお世話になっております。両側性転移のレポートにおける仮説の記述方法について質問があり、掲示板を利用させていただきます。
今回のプレゼンでは、それぞれの仮説が支持される場合に予測される結果を内容に含みましたが、レポートでは、以下のように仮説部分に書いてよいのでしょうか? 利き手群、非利き手群、訓練なし群については、方法の手続きの部分で説明します。

仮説A 鏡映描写の学習においては、逆映像の一般原理のみが習得される。そのため、一方の手から他方の手への両側転移は完全に生じることが予測できる。この仮説が支持される場合、方法で述べる非利き手群で両側性転移が起きるため、利き手群と非利き手群の所要時間と逸脱回数が同程度になり、両群の所要時間は訓練なし群の所要時間よりも短く、両群の逸脱回数は訓練なし群よりも少なくなる。

お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

Re: 両側性転移の仮説の記述方法について

  • 浅野
  • 2018/12/13 (Thu) 10:19:23
 減点対象ではありませんが,“方法で述べる”と記述するよりも,目的内に,「本研究では,利き手での訓練を行う群,非利き手での訓練を行う群,訓練を行わない群の3群間における遂行成績の比較により,以下の仮説を検証する。」などといった記述を記載する方が,文章の流れとしては好みです。

両側性転移の結果の添削(続き)

  • 単位がほしい……
  • 2018/12/13 (Thu) 01:39:04
先ほどの投稿で、ファイルを一つしか載せられず、削除もできなかったため、こちらに表2を投稿させていただきます。
見にくい形となってしまい、申し訳ありません。
お忙しい中申し訳ありませんが、添削よろしくお願いいたします。

両側性転移の図表作成について

  • 図作りたくない
  • 2018/12/12 (Wed) 17:58:44
こんにちは。
授業で配布された両側性転移のプリントのレポート課題のページで,結果に最低限含むものとして平均所要時間と平均逸脱回数のグラフが記載されていますが,これは表では認められないということでしょうか。
お忙しいところ申し訳ございませんが,お返事いただけると幸いです。
よろしくお願い致します。

Re: 両側性転移の図表作成について

  • 浅野
  • 2018/12/12 (Wed) 22:04:02
 表でも問題ありません

Re: 両側性転移の図表作成について

  • 図作りたくない
  • 2018/12/12 (Wed) 22:31:26
わかりました。
お返事ありがとうございました。

両側性転移の結果について

  • ちなヤク
  • 2018/12/11 (Tue) 21:29:08
こんばんは。
これまでのレポート全ての結果が0点だったので,添削していただきたいです。また,有意傾向の結果に移る際の記述は以下の形でよろしいでしょうか。
分析なのですが,自宅で行ったため文字化けしています。1が利き手群,2が非利き手群,3が訓練なし群です。
図表は省略しました。
長くなってしまいますが,お願いします。
------------------------------------------------------------------------------
【所要時間】
s •ªŽU•ªÍF‚`‚m‚n‚u‚`‚S t

ANOVA4 on the Web: Copyright(c) 2002 Kiriki Kenshi

yƒtƒ@ƒCƒ‹z NOFILE

y•ªÍ“úŽžz 2018 Dec 3, 15:08:32

yƒRƒƒ“ƒgz

y—vˆöŒv‰æz ‚P—vˆöŒv‰æ

@@—vˆö‚`i”팱ŽÒŠÔjF—˜‚«Žè/”ñ—˜‚«Žè/‹xŒe ^ …€”3

yŠeƒZƒ‹‚̔팱ŽÒ”z s“™‚µ‚¢t

[A1]10 [A2]10 [A3]10

y•½‹Ï‚¨‚æ‚Ñ•W€•Î·z

CELL[ A1 ] : mean= 35.900 / SD= 7.661 / n= 10
CELL[ A2 ] : mean= 58.400 / SD= 13.477 / n= 10
CELL[ A3 ] : mean= 84.500 / SD= 40.225 / n= 10



y•ªŽU•ªÍz

Table of Analysis of Variance
------------------------------------------------------------------------------
source SS df MS F p
------------------------------------------------------------------------------
A:—˜‚«Žè/”ñ—˜‚«Ž 11831.4000000 2 5915.7000000 8.595 0.0013 ***
error[WC] 18583.8000000 27 688.2888889
------------------------------------------------------------------------------
Total 30415.2000000 29
------------------------------------------------------------------------------
+ p<.10, * p<.05, ** p<.01, *** p<.005, **** p<.001

¦¦¦@ˆÈ‰º‚̉ºˆÊŒŸ’è‚Í‚·‚ׂėLˆÓ…€ ‚0.050000 ‚ÅŽÀs‚µ‚Ü‚·@¦¦¦


s —vˆö A ‚ÌŽåŒø‰Ê‚É‚¨‚¯‚鑽d”äŠr t ( Ryan's method )

<< means on Factor A >>

1 2 3
mean : 35.900 58.400 84.500
n : 10 10 10

--------------------------------------------------------------
pair r nominal level t p sig.
--------------------------------------------------------------
3 - 1 3 0.0166667 4.142 0.0003035 s.
3 - 2 2 0.0333333 2.225 0.0346635 n.s.
2 - 1 2 0.0333333 1.918 0.0657834 n.s.
--------------------------------------------------------------
MSe=688.288889, df=27, significance level=0.050000
anova ended.

http://www.hju.ac.jp/~kiriki/anova4/


【逸脱回数】
s •ªŽU•ªÍF‚`‚m‚n‚u‚`‚S t

ANOVA4 on the Web: Copyright(c) 2002 Kiriki Kenshi

yƒtƒ@ƒCƒ‹z NOFILE

y•ªÍ“úŽžz 2018 Dec 3, 15:10:38

yƒRƒƒ“ƒgz


y—vˆöŒv‰æz ‚P—vˆöŒv‰æ

@@—vˆö‚`i”팱ŽÒŠÔjF—˜‚«Žè/”ñ—˜‚«Žè/‹xŒe ^ …€”3

yŠeƒZƒ‹‚̔팱ŽÒ”z s“™‚µ‚¢t

[A1]10 [A2]10 [A3]10

y•½‹Ï‚¨‚æ‚Ñ•W€•Î·z

CELL[ A1 ] : mean= 3.300 / SD= 1.552 / n= 10
CELL[ A2 ] : mean= 6.100 / SD= 4.061 / n= 10
CELL[ A3 ] : mean= 5.300 / SD= 4.124 / n= 10



y•ªŽU•ªÍz

Table of Analysis of Variance
------------------------------------------------------------------------------
source SS df MS F p
------------------------------------------------------------------------------
A:—˜‚«Žè/”ñ—˜‚«Ž 41.6000000 2 20.8000000 1.564 0.2277
error[WC] 359.1000000 27 13.3000000
------------------------------------------------------------------------------
Total 400.7000000 29
------------------------------------------------------------------------------
+ p<.10, * p<.05, ** p<.01, *** p<.005, **** p<.001

¦¦¦@ˆÈ‰º‚̉ºˆÊŒŸ’è‚Í‚·‚ׂėLˆÓ…€ ‚0.050000 ‚ÅŽÀs‚µ‚Ü‚·@¦¦¦

anova ended.

http://www.hju.ac.jp/~kiriki/anova4/
------------------------------------------------------------------------------
 実験で得られた各条件の第13試行から第15試行の所要時間の平均値を表1に示した。平均反応時間に関して,訓練形態(利き手群,非利き手群,訓練なし群:被験者間)を要因とした,対応のない1要因分散分析を行った。その結果,訓練形態の効果は有意であった(F(2,27)=8.60,p<.01)。そのため,Ryan法による多重比較を行ったところ,訓練なし群よりも利き手群の平均所要時間が有意に短かった(p<.05)。利き手群と非利き手群の平均所要時間には有意な差は見られず,非利き手群と訓練なし群の平均所要時間にも有意な差は見られなかった(いずれもp>.05)。
 上記の分析ではどの仮説も支持しなかったため,改めて分析を行った。なお,その際の有意水準は10%とし,p値が5%未満であれば有意であり,10%未満であれば有意な傾向があると判断した。
 平均反応時間に関して,訓練形態(利き手群,非利き手群,訓練なし群:被験者間)を要因とした,対応のない1要因分散分析を行った。その結果,訓練形態の効果は有意であった(F(2,27)=8.60,p<.01)。そのため,Ryan法による多重比較を行ったところ,訓練なし群よりも利き手群の平均所要時間が有意に短かった(p<.05)。非利き手群よりも利き手群の平均所要時間が有意に短い傾向にあり,訓練なし群よりも非利き手群の平均所要時間が有意に短い傾向にあった(いずれもp<.10)。
 実験で得られた各条件の第13試行から第15試行の平均逸脱回数を表2に示した。平均逸脱回数に関して,訓練形態(利き手群,非利き手群,訓練なし群:被験者間)を要因とした,対応のない1要因分散分析を行った。その結果,訓練形態の効果は有意ではなかった(F(2,27)=1.56,p>.05)。

Re: 両側性転移の結果について

  • 浅野
  • 2018/12/11 (Tue) 23:17:31
 現在の記述のままでは0点だと考えられます(特に以下の2行が意味不明です)。ワード検索に「有意傾向」といったキーワードを入れて過去の記事を確認しましょう。
-------------------------------
上記の分析ではどの仮説も支持しなかったため,改めて分析を行った。なお,その際の有意水準は10%とし,p値が5%未満であれば有意であり,10%未満であれば有意な傾向があると判断した。
-------------------------------
 また,そもそもの検定の出力結果が異なっているのではないでしょうか?以下が今回の正しい検定結果ではないかと思うのですが,何故このような出力結果の差異が生じるのでしょうか?
 なお,今後は,文字化けしない環境下で投稿をしてください。


《 分散分析:ANOVA4 》

ANOVA4 on the Web: Copyright(c) 2002 Kiriki Kenshi

【ファイル】 NOFILE

【分析日時】 2018 Dec 4, 09:23:18

【コメント】


【要因計画】 1要因計画

  要因A(被験者間):1/2/3 / 水準数=3

【各セルの被験者数】 《等しい》

[A1]=10 [A2]=10 [A3]=10

【平均および標準偏差】

CELL[ A1 ] : mean= 35.967 / SD= 7.705 / n= 10
CELL[ A2 ] : mean= 58.433 / SD= 13.592 / n= 10
CELL[ A3 ] : mean= 84.533 / SD= 40.359 / n= 10



【分散分析】

Table of Analysis of Variance
------------------------------------------------------------------------------
source SS df MS F p
------------------------------------------------------------------------------
A:1/2/3 11815.6076390 2 5907.8038195 8.517 0.0014 ***
error[WC] 18729.2655507 27 693.6765019
------------------------------------------------------------------------------
Total 30544.8731898 29
------------------------------------------------------------------------------
+ p<.10, * p<.05, ** p<.01, *** p<.005, **** p<.001

※※※ 以下の下位検定はすべて有意水準 p=0.050000 で実行します ※※※


《 要因 A の主効果における多重比較 》 ( Ryan's method )

<< means on Factor A >>

1 2 3
mean : 35.967 58.433 84.533
n : 10 10 10

--------------------------------------------------------------
pair r nominal level t p sig.
--------------------------------------------------------------
3 - 1 3 0.0166667 4.123 0.0003192 s.
3 - 2 2 0.0333333 2.216 0.0353176 n.s.
2 - 1 2 0.0333333 1.907 0.0671572 n.s.
--------------------------------------------------------------
MSe=693.676502, df=27, significance level=0.050000

 
 

Re: 両側性転移の結果について

  • ちなヤク
  • 2018/12/12 (Wed) 20:33:40
ご回答ありがとうございます。
検定の出力結果なのですが,Excelで小数点以下を消したまま検定を行ったため,誤ったものになってしまっていました。文字化けも含め,今後気をつけます。
ご指摘していただいた部分も過去の記事を参考にして修正したいと思います。

Re: 両側性転移の結果について

  • 浅野
  • 2018/12/12 (Wed) 22:02:50
 私が投稿した検定の出力結果に基づいて結果を記述するなら,以下の前半部分も間違った結論になっているので,気を付けてくださいね。
----------------------------------
非利き手群よりも利き手群の平均所要時間が有意に短い傾向にあり,訓練なし群よりも非利き手群の平均所要時間が有意に短い傾向にあった(いずれもp<.10)。
----------------------------------

方法の書き方について

  • 匿名
  • 2018/12/12 (Wed) 09:22:51
こんにちは。
両側性転移のレポートの方法の書き方に自信がありません。以下の添削をしていただけると幸いです。よろしくお願いします。

方法
参加者
都内の大学生30人(男性10名,女性20名,平均年齢20.13歳)が実験に参加した。
実験デザイン
要因計画は1要因3水準(群:利き手群,非利き手群,休憩群)の被験者間計画であった。
材料
両側性転移課題において,鏡映描写装置, ストップウォッチ,課題用紙及び記入用の鉛筆を使用した。課題図形は六角の二重の星形で,外側の一辺の長さは4cm ,溝の幅は2mmであった。
手続き
実験は集団実験で行われた。実験は,最初に参加者は利き手に鉛筆を持って鏡映描写装置の前に着席した。このとき課題用紙に描かれた課題図形が直接見えないように鏡映描写装置の位置を調整した。参加者は目を閉じ,実験者が参加者の手を取って課題図形の出発地点に鉛筆の先が来るように誘導した。実験者が課題開始の合図をして,所有時間の計測を開始し,参加者は目を開けて矢印の向きに課題図形の溝の中を鉛筆の先でなぞった。なお,たどる際には鉛筆の先は常に紙面から離さない,できるだけ速く,コースからなるべく逸脱しないよう,またコースから逸脱した場合は,直ちにはみ出た場所からコースに戻って再開するように教示した。コースを1周し,出発地点まで戻ったら1試行を終了とした。実験者は1試行終了する度に用紙に所有時間を記入し,参加者は次の試行に移った。そして練習試行の後,訓練試行とテスト試行をまとめて行った後にそれぞれの試行における逸脱回数を参加者が各自でカウントした。実験全体の流れとして,まず全員が利き手で鏡映描写の体験・練習として第1,第2試行を行った。そして第2試行の所要時間と逸脱回数の結果に基づいて群ごとの成績に差が生まれないように1群当たり10人で,第3~12試行の訓練試行を利き手で訓練する第1群,非利き手で訓練する第2群,訓練せず休憩する第3群に群分けを行った。テスト試行の第13,14,15試行では全員が利き手で鏡映描写の測定試行を行った。

Re: 方法の書き方について

  • 浅野
  • 2018/12/12 (Wed) 11:21:27
 減点対象は以下の2点です。

・材料に関して“六角”のとありますが★は10角形です。
・逸脱回数の測定基準が記載されていません。

Re: 方法の書き方について

  • 匿名
  • 2018/12/12 (Wed) 12:30:01
ご回答ありがとうございます。
承知しました。

両側性転移の結果について

  • かまめしどん
  • 2018/12/11 (Tue) 13:52:17
こんにちは。毎回結果が0点で考察もそれにひびいてしまい、点数がよくなく危機的状況です。添削していただきたいです涙

結果
鏡映描写課題の所要時間と逸脱回数に関して、群ごとに第13試行から第15試行の平均所要時間(表1)、平均逸脱回数を算出した(表2)。
平均所要時間に関して、学習過程条件(利き手群、非利き手群、訓練なし群:参加者間)を要因とした対応のない1要因分散分析を行った。なお、以下に示した検定の有意水準は全て.05とした。
その結果、学習過程条件の主効果が有意であった(F(2,27)=8.517,p=0.0014)。そのため、Ryan法による多重比較を行ったところ利き手群が訓練なし群よりも所要時間が有意に短かった。また、非利き手群が訓練なし群よりも有意に平均所要時間が短い傾向があった。(p<.10)利き手群と非利き手群の間には有意差及び、有意傾向はみられなかった。(p>.10)
平均逸脱回数に関して学習過程条件(利き手群、非利き手群、訓練なし群:参加者間)を要因とした対応のない1要因分散分析を行った。
その結果,学習過程条件の主効果が有意ではなかった(F(2,27)=1.502,p=0.2408)。

Re: 両側性転移の結果について

  • 浅野
  • 2018/12/11 (Tue) 19:48:23
★ANOVA4などの出力結果を貼りつけてもらえないと,数値が正しいか否かがすぐに判断できませんので,次回から必ず出力結果を貼り付けてください。

★1要因の場合には,"主効果"ではなく「効果」とするのが正しい。修正しましょう。

★減点対象ではありませんが,以下の”(p<.10)”や”(p>.10)”は句点の前に挿入しましょう。
----------------------------
また、非利き手群が訓練なし群よりも有意に平均所要時間が短い傾向があった。(p<.10)利き手群と非利き手群の間には有意差及び、有意傾向はみられなかった。(p>.10)
----------------------------

★同様に,減点対象ではありませんが,各段落のはじめは1マス空けるようにしましょう。